序文


序文
リップルは、金融取引のためのインターネット・プロトコル(IP)です。金融取引の当事者が物理的にどんなに離れていようとも、リップルは、共通の電子帳簿を使用することによって当事者間の取引残高をフォローします。この仕組みによって、個々の支払が数日どころか数秒で決済されるのです。また、リップルを利用すれば、異なる通貨を使用している当事者間の支払もスムーズにできるようになります。

A1_01.jpg

以下のセクションでは、電子帳簿の詳細を説明し、その後、いかに多様なリップル・ユーザが、リップルの電子帳簿と関連しているかを解説します。



  • 最終更新:2014-03-21 19:51:12

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード